真夜中の洗濯機

長期記憶にするための覚え書き

あなたになりたい

昨日の日記に脈絡がないって書いたけど、脈絡がないのはいつものことだったわ。せやんなあ。(ヘンダーソンの漫才のシステム)

引っ越してきて数ヶ月、日に日に『絶対に関西弁にはならずに標準語のまま生きるぞ』という気持ちが強くなる。関西弁、やっぱり音としてかなり強いので毎日聞いてるとどんどん持ってかれるんです。自我も。好きだし慣れたけど、自分がしゃべるのは違和感があるし違う。あとエセ関西弁って聞いててめっちゃイタくないか?言うてもたまに出ちゃうけども。

 

気になったのでアンケート取ってみた。よかったら投票お願いします。

 

今月(先月からの引きずりではあるが)は精神病まずに済んで全然大丈夫だな〜!余裕〜!と思ってたら急にガクッと落ちて何もやる気がなくなった。ためしに部屋で『何もやりたくない!!!!!!!』と叫んでみる。虚しくこだまする己の声。虚しさはあるものの逆に頭が空っぽになってちょっとよかった。

急にクリスピークリームドーナツがめちゃくちゃ食べたくなって、2個買う。お腹いっぱいになった。クーポン券が当たった。『とても珍しいクーポン券ですよ』と店員さんが言ってくれたけど、本当かなって疑ってしまう。こういうのを素直になんの疑いもなく喜べる人間になりたかった。

マジでしょうもないボヤキでも、ここに書いておかないと近しい人に永遠にボヤいてしまい、イタコとしてノムさんを降ろしている女と化すのでインターネットの片隅に放流している。わたしのボヤキよ藻屑となれ。少年よ我に帰れ。

うめき声をあげながらなんとか明日の弁当を作り終える。何味かわからん炒め物ができた。これだよこれ。今すぐ食べたい衝動を抑えて冷蔵庫にしまう。

ドーナツでおなかいっぱい+メンタル落ちていつもの食欲がないので、いつもならご飯も食べるところをほかの炭水化物は抜いた。痩せちゃうなぁ。

 

ひととはじめて付き合い出したころからずっと、好きな人や彼氏やそれ未満の人のことをかなりの確率で考えてしまう。意中やそれ未満の男性のことを考えてる時間、マジ超長い。人と競って勝てるレベル。なんなら仕事中やバイト中も考えて具合悪くなることとかよくあった(今はない。たぶん)。ひとと付き合う前に日々なにを考えていたのかまったく思い出せない。あの頃のわたしにはもう戻れないのだろうか。

ミモザ花言葉ってはじめて調べたなあ、と思いつつ寝る。ある種の呪いをかける作品も、つらい呪いを解いてくれる作品も、どちらも好きだ。