真夜中の洗濯機

長期記憶にするための覚え書き

一代目体操小僧

朝起きて、準備したりごはんを食べる時間と、夜ごはんをつくって食べたりお弁当を準備する時間をすべて『マユリカのうなげろりん!!』の消化にあてた。あらゆる部分がおもしろくてめちゃくちゃデカい声で笑ってしまう。なんも考えずに聞けて、とにかく良い。

中谷さんのデジタルタトゥーを読み上げる回(#2)、懐かしさと他人事とは思えないゾワゾワ感が同居している独特の味わいで大好きです。

あと最近神戸によく行くので(今日も行った)あ、あの場所のこと喋ってるのね?というのがわかってより楽しい。

そういやポートタワーっていま休業中なんですね。復活したら行ってみたいな。

M-1の直後の回(#18)もよかった。結局まだ年末のM-1をしがんで生きている節がある。もはやここまでくると、みんなそうでしょ?と開き直りつつもある。

 

心配ごとが少し解消されたので、他人にも少しだけやさしくなれた気がした2●の夜。

大人になったら些細な悩みなんて吹っ飛ぶ、もしくは気にしなくなるのかと思ってたら全然そんなことはない。むしろ増幅していくばかりだ。年々気になるし。いつになったら楽になれるんですか?一生楽にはなれないんでしょうか。そして今日やさしくできたからと言って今までたまにキツく当たってきた行いがチャラになるわけではない。

今日も今日とて自分のいびつな姿かたちに苦しめられている。根底にとんでもない歪みというか偏見が敷かれているのに気づいて、深淵を見つめつつのため息が止まらない。見たくなかった。見るのがつらいよう。心底つらいよう。

こんなんであれば、見ずに済む方法を一生取っていればよかった、と思うくらいつらい。

でもそれはそれで癖になって、いつか一生自分を苦しめる毒になるんだろうなあとも想像できて、いま苦しむか未来で苦しむか、の2択なのか…と一瞬妙に納得したけれど、苦しまない道というのは性格上選べないのだなあ、とまたため息が止まらない。つらいよう。

今月はひさしぶりのストレスがかかって生理がガンガンに遅れた。つらさに拍車がかかる。

最近、あえて意図的に『つらい』と書き出しまくってデトックスを図っていますが、メンタルがブチ壊れしだい速攻やめるつもりでいます。やっぱりまだ自分で自分のことが、あんまりわからない。

でもわたしはよく行く婦人科の会計でいつもリンゴ味の飴をもらいたがるな、なにもわからないけどそれだけは唯一わかるな、と思う日だった。