真夜中の洗濯機

長期記憶にするための覚え書き

酔いが醒めても

安心と面倒は紙一重。常にないものねだりをして生きてきた。いつの間にか人に優しくするのが信じられないくらい下手くそになっていて、自分に絶望する日々です。

誰かと向き合うということは自分と向き合うこととイコールで、そこからは絶対に離れられない。ここ数ヶ月で自分のいびつな姿かたちに嫌と言うほど向き合わされており、正直つらい。自己肯定感が低い人間が自分と向き合うということは、ほとんど地獄に近い。

なんかもう巡り巡って壮絶な自己愛ムーブなのではないか?と思ったりもする。他人を介して己をかわいがっている。わたしは二十数年間、自己を過剰にかわいがりながら生きている人間だと思う。自分のことがすごく嫌いなのに、同じくらいすごく好きでもあるので、そのいびつさにまた苦しめられている。ずっと。

 

毎日クソだなと思う案件が発生する。嫌いだな許せないなとと思うもの・ことが生きていて圧倒的に多い。常に何かに怒っている(一時期よりはマシになったつもりだけど、それでも多い)。

自分を許せないので、まあ人のことも許せないわけなんですが、こういう思想を持ちながら仕事をしていると自分のミスにも気付きにくかったりする。きょう1つ見つけた。そのぶん、人のミスにも寛容になれる気がする。てか、なんなきゃいけない気もする。この『〜しなきゃ』という性分にずっと苦しめられてきてはいるものの、ちょっと己の美学めいたところでもあるのでイマイチ曲げにくいのがネック。

『まぁそんなもんか』という精神で生きたい。

 

手に持ったときにいちばん画になるビールはアサヒのスーパードライだと思う。この気持ちは一番搾りでも…君はいつもスーパードライで…。

↑と、酔っ払いながら書き残していた。なかなか良い文章だと思います。クリープハイプ『5%』は紛れもなく名曲中の名曲。

焼酎のボトルを2日足らずでほぼ飲み切っており、シラフになってから引く。そしてまた引くほど二日酔いした。1日起き上がれなくなる二日酔いはひさしぶりにやった。スーパードライ、今までまったく買ってこなかったのに、最近なんかやたら好きで買ってしまう。日々味覚が移ろっていく。

今日は明日、昨日になる。んだからもうやる事やろうよ。一瞬で終わってほしいけど意外と好きな冬。

冬季うつだけがつらい。

 

マユリカのうなげろりん!!』がめちゃくちゃおもしろいので、なんとかギリギリ生き延びています。マジでおもしろい。まだバックナンバーが残ってるので、毎日少しずつ聞くのが楽しみ。