真夜中の洗濯機

長期記憶にするための覚え書き

来世ではちゃんと猫になります

マユリカ目当てで観た『ラヴィット!』、おでんランキングで『でんでんぱっしょん』/せんねんの木という店名にあわせて『創聖のアクエリオン』を流すという変態的所業をしておりさらに好きになった。BGMに凝るバラエティ、好きです。モヤさま然り。

 

昼ごろ起きても、パッと支度して都心で買い物ができるようになった。この土地にだいぶ慣れてきた証拠のように思う。

関東を離れる直前は『また絶対帰ってくる』としきりに書いていたのが不思議なくらい馴染んだ。近畿エリア、街がコンパクトで移動しやすくてとってもよいのです。ギュッと凝縮されているところがいい。好きなところたくさん見つけたけど、移動に時間がかからないところは特にポイント高い。はるか遠くに感じていた京都は、比較的どの電車に乗ってもあっという間に着く。

反面、移動時間がグッと少なくなり音楽を聴いたりラジオを聞いたりする時間が減ってしまった。それだけがちょっと寂しい。通勤中に音楽を聴く、という行為をめったにしなくなってしまった。むかしから移動距離が長いのに慣れていたので、その習慣が急になくなったのだけはまだ慣れない。

 

Creepy Nutsの未来を守りたい! コンプラ・タイムコップ』で、宇多さんと松永さんが『自分の文脈にない服は着られないので、文字が書いてある服は安易には着られない』という旨のことで盛り上がっているのにすごく共感した。今までモヤモヤと抱えていた気持ちを言語化してくれている気がした。宇多さんはやっぱりすごい。

こないだアメ村付近の古着屋さんでパーカーを物色したとき、しっくり来るものに出会えず泣く泣く帰ったのだけど、それも要するに自分の文脈にない、馴染みがないプリントが施されているのに納得がいかなかったからだろうなあと腑に落ちた。わたしはアメリカの大学も出てないし、スポーツチームにもそこまで愛着がない。なのに着る、というのはわたしの中の筋道からは逸れていると思う。

Creepy Nutsの未来を守りたい! コンプラ・タイムコップ』、Amazonで聞き放題なのが信じられないくらい全部の回がおもしろかった。他にもいろんなコンテンツを溜めているのについ2周してしまった。そもそもこの座組みからしておもしろくないわけがなく、しかも企画が宇多さんご本人ということでさらにびっくりした。宇多さんはやっぱりすごい(2回目)。

ふざけた話と真面目な話の塩梅も絶妙で、8回しかないのが惜しいと心底思った。是非ともまたやって欲しい。

 

きのう、2022年に入ってから初めてのスペースをやった。馴染みがなかった土地でも楽しく生きていられるのは、フォロワーが通話したりスペースに付き合ってくれたりするからだよなあとしみじみ思う。いつもありがとうございます。今年もいっぱいスペースでしゃべりたい。「こたつで寝たらダメだよ」という全員のアドバイスをガン無視してこたつで昼まで寝ました。すんません。

スペース内で、今年の目標を「弁当箱を捨てない」と設定した。弁当箱、どうでもよくなってつい捨てがち。気をつけます。弁当箱を大事に持ち歩くということは、自炊の活発化につながると思うのです。

つい最近こたつを導入したところ、ほぼ外に出られなくなった。休みの日はこたつにいる時間が圧倒的に長い。ハイパーズボラ人間とこたつの組み合わせ、魔境を生み出します。こたつで酒を飲み出したら最後。眠気がなくなるまで一切出られなくなるので不思議だ。

こたつの吸引力がここまですごいなんて知らなかった。結果、買ってよかったなと思う。なんの話だ。

おわり。