真夜中の洗濯機

長期記憶にするための覚え書き

新品の現実に出会うために起きてる(Base Ball Bear TOUR『 DIARY KEY』に行った)

ずっと書き溜めてた記事を放出しようシリーズ①。

 

今日もなにやらバタバタ。忙しくてイライラして、どうしても昼休憩中にタバコが吸いたくなって、会社の人には滅多に会わない喫煙所へ。わたしはこういう場所を探すのが本当にうまい。

花壇の中で小さいスズメが右往左往していて、都会のど真ん中なのになんつー朗らかな光景だよ、と思うなどした。副流煙がかからないように気をつけた。つもり。

 

いそいそと会社を出て心斎橋はBIG CATへ。

わたしがいそいそと帰る日は十中八九ライブの日だけだ。

f:id:Ribboncitron:20211130234031j:image

はじめて来た。オシャレビルの中に入っていてびっくり。はじめて見るタイプのライブハウスだ。ステージがとても観やすくていい箱だなあと思った。好きだぜビッキャ。またすぐ来たいぜ。音もデカい。最高。

 

ベボベ、全員出す音がとにかくデカくてかなり元気が出る。やっぱりうるせえギターロックでしか得られない栄養は確かにあって、それにずっと支えられて生きてきたしこれからも生きていきたい。小出祐介さんもMCで言ってたようにロックはいついかなる時も最高。

そもそも『DIARY KEY』がとても好きなアルバムだったので急いでチケット取って参加を決めたんだけど、生で聴くと余計好きになるなあと。生で聴いて、そのあと戻った日々の生活の中でもまた聴いて、聴きながらライブの空気を思い出す。それを繰り返して、好きな曲を自分の中で強固なものにしていく作業がこの上なく好きだ。なかなかライブに行けない、生で好きな曲を聴けない時期を経たからこそその有り難みと素晴らしさを毎度噛み締めている。有るのが難しいと書いて、ありがたい。

 

LOVE MATHEMATICS

LOVE MATHEMATICS

ラブマ、高校のときによく『数学は嫌いだけどラブマは好きだな』と思いながら聴いていた。まさか遠く離れた大阪で、また聴くことになるとは。人生ってどう転がるかわからないね。数学はマジで嫌いでいつも赤点スレスレを取っていました。好きとか嫌いとか通り越してやる意味わかんねーなと思ってたけど、大人になるとその重要性に気づいたりする。

新曲に新しい思い出が乗っかって、今まで聴いていた曲にも新しい景色の色が乗っかる。日々至るところでベボベの曲を聞いてきたことで、めちゃくちゃ豊かな人生送れてんじゃねえか?って冗談抜きで思った。日記をめくりながらああこのときは楽しかったな、こんなことがあったな、また書こう、ってほくそ笑んでるときみたいな感覚が最後までずっと続いてたライブ。ベボベとの生活はこれからも続いていく。

 

わたしは休むのが下手だ。ライブのときも仕事のことをたびたび思い出す。仕事終わりにライブ行ったときなんて特にそう。ベボベを観ているときも案の定、仕事で嫌だったことがふと頭に浮かんで集中力を削がれる瞬間があった。

でもだんだん俗世からぺりぺりと剥がされて、足元から3mmくらい宙に浮いて、音だけに集中できる瞬間がやってくる。その瞬間がたまらなく好きだ。

どうやっても離れられない場所だし、大事にしたい場所だと思った。

来年は大阪のライブハウスほとんど制覇したいな。できそう。