真夜中の洗濯機

長期記憶にするための覚え書き

SAKANAMON「音楽居酒屋 肴者」に行った

下北沢は風知空知さんで開催された「音楽居酒屋 肴者」に行ってきました。f:id:Ribboncitron:20190713223931j:image
f:id:Ribboncitron:20190713223921j:image

 

タイトル通り、ライブもできる居酒屋さんでおいしいお酒・ご飯を楽しみながらアコースティックセットのライブを丸々2時間観た。贅沢にも程がある。もはや人生のご褒美。
そもそも「聴く人の生活の肴になるような音楽を作りたい」という願いがバンド名の由来ということもあり、ボーカル藤森元生さんが長年やりたかったライブとのこと。
大好きな酒とつまみを楽しみながら大好きなバンドの音楽を聴けるなんて夢のようで、本当に…感無量でしたわ……まだ夢だったのかなって若干疑ってる……。

 

入場した瞬間に「日本全国酒飲み音頭」がかかっていてまずめっちゃ笑った。

(酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞ〜ってやつ。ググってはじめて曲名を知る)

飲み会を楽しむための雰囲気づくりに余念が無い。

日本全国酒飲み音頭

日本全国酒飲み音頭

  • ラクーダー
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


ゆるい雰囲気の中、メンバー3人が入場してきてぬるっとスタート。
私の目の前がちょうど導線になっており、藤森氏が計3回くらい目の前を通って緊張のあまり固まってしまった。

森野さん「今日はひとり1枚しかチケット取れなかったので、ひとりで来てる方が多いと思うんですけども。だからかちょっと妙な緊張感がありますね(笑)」
キムさん「なんか(雰囲気が)喫茶店みたいだね」
森野さん「まあ、人見知りの人が多いと思うんですけどSAKANAMONのファンの方は(笑)でも、ぜひ隣の人とも仲良くなりつつ、食べながら飲みながら最後まで楽しんでいってください」

ここのくだり面白かった。確かにSAKANAMONのファン、近年の邦ロックシーンでは珍しいくらい落ち着いた感じの方が多い(※個人の意見です)

 

内容はざっくり3部構成。まず第1部。

1.ミュージックプランクトン
2.ぱらぱらり
3.マザーラインナップ
4.邯鄲の夢
5.アリカナシカ

お馴染みの曲も、アコースティックセットで聴くと印象がガラッと変わるのですごい

公式インスタに「アリカナシカ」の映像が上がってたので貼っとく。

原曲と聴き比べるとさらに味わい深い。


SAKANAMON / アリカナシカ 【MUSIC VIDEO&メイキング】

 

あと、大好きな「邯鄲の夢」が聴けて嬉しかった。

フロア全体が息を飲みながら耳をすませていたような気がして、その情景も含めて印象に残っている曲。

邯鄲の夢

邯鄲の夢

  • provided courtesy of iTunes

 

続いて第2部。

6.アイデンティティ [サカナクション]
7. 秘密[SUPER BEAVER]
8.ノンフィクション [平井堅]
9.めざせポケモンマスター
10.いらない
11.最初から今まで(「冬のソナタ」より)
12.鬼(アカペラ)
13.肉体改造ビフォーアフター(アカペラ)

改めて見てもなんだこのセトリ

カバーあり、アカペラありのカオス感。

 

まず言及したいのは「とうとうやったか」というサカナクションカバー。

森野さんが動画をもれなく上げてくださっているので貼ります。ありがとうございます…!

(過去ツイートとかお気に入りを遡るのは大変だけど、ここに貼っとけばいつでも見れるやろというオタク的ライフハック

 

SAKANAMONファンあるある「サカナクションと間違えられがち」問題に本人たち自ら踏み込んでいるのが面白く、あと原曲とはまったく違う表情を見せていてとにかく良かった。あと、藤森元生さんの声質とか歌い方に合ってた!

サカナクションファンにもぜひ届いてほしい……見てほしい……

 

あとこれ。一番衝撃的だったSUPER BEAVERの「秘密」カバー。

はじめて聴いた曲だったんですが、とにかく歌詞が良くて……。

帰り道でずっと原曲を聴き続けてしまった(Apple Musicにあった)。

 

http://j-lyric.net/artist/a050f66/l03ad76.html

好きな人 好きなこと 大切にしてるこだわり

胸を張って口にする人は とても楽しそうだよな

あっ、これSAKANAMONのことじゃん、って歌詞を読み込んでいて思った。

自分たちが好きでかっこいいと感じる音楽を、自分たちの好きな場所で、好きなように鳴らしている3人は本当に心の底から楽しそうで、その様子を見て惹かれた人がまわりに集まる。

私自身も、楽しそうなSAKANAMONの姿に惹かれてライブにいつも足を運んでいる。

 

歓びに声を上げ叫ぶのが 幸せに手を叩き笑うのが
好きなこと 好きな人のことを 諦めなかったそんな瞬間なら
歓びを分かち合うために 幸せを分かち合うそのために
ああ 自分自身のこと 誤魔化しちゃいけないんだ
好きなこと 好きな人 大切にしたいこだわり
胸を張って口にすることで 未来を照らすんだよなあ
教えてよ あなたの秘密が ちゃんと叶うようにさ

 

個人的にもいま転職活動をしていて、どこか自分の本当の気持ちを誤魔化しながら喋っていることにモヤモヤしていたので、この歌詞を聴いた瞬間に抑えていた気持ちがブワーーーッと喉元までせり上がって泣きそうになってしまった。

好きなことも好きな人のことも諦めたくない。もう少し頑張ろう。

素敵な曲に出会わせてくれたSAKANAMONと、原曲を生み出してくれたSUPER BEAVERに感謝しかない。

 


SUPER BEAVER「秘密」MV

原曲もめちゃくちゃ好きになりました。ずっと聴いてる。

 

からの、平井堅の「ノンフィクション」カバー。藤森元生さんの弾き語り。

http://j-lyric.net/artist/a00060f/l0408bc.html

みすぼらしくていいから 欲まみれでもいいから

僕はあなたの あなたの 本当を知りたいから

この曲も、SAKANAMONの懐の広さ、変わっててもくだらなくても良いというスタンスにどこか被る気がして、歌っている藤森元生さんの様子を食い入るように見つめてしまった。一分一秒でも見逃したくないな、と。

 

このあとに

これ。

高低差で耳キーンなるわ(楽しかったです)

ドラム・キムさんの奏でるピアノにのせて藤森元生さんがそれっぽく歌う「最初から今まで」と、そこに挟まれた「いらない」も良かった。

「最初から今まで」については文章でいくら書いても面白さが伝わらないので、森野さんに動画を上げていただきたく…是非よろしくお願いします…

 

あと特筆すべきはアカペラパートかな…。


【3ヶ月連続配信Single第二弾!】SAKANAMON「鬼」MV

 

藤森元生さんたっての希望でアカペラパート(しかも2曲)があり、予想以上のクオリティに客席全員絶句してたのが超面白かった。

特に「鬼」、原曲もこのカオスな仕上がりなんですけどアカペラで歌うとヤバさが余計に際立っていた。ずっと聴いていたかったなアレ…

「近年の邦ロックバンドでアカペラやる人とかいないでしょ?フェスとかでできたらかっこよくない?」「いやロッキンとかでやらなきゃいけなくなっちゃうじゃん…」っていうMCがあったんですが、ファンとしては是非やってほしいです。さっそく今年のロッキンのリハとかで(リハの意味とは)

あの時間にフォレストにいる全てのお客さんに衝撃を与えてほしい。SAKANAMONがリハでアカペラやりだしたんだが(笑)#RIJF2019」的なツイート、見たい。

 

そして、ラストスパートの第3部。 

14.矢文
15.ケーキ売りの女の子
16.UMA
17.ロックバンド

 

18.真夜中の大岡山にて(アンコール)

 

「ケーキ売りの女の子」のアコースティックアレンジが超超超ドツボだった!!!!!ジャズっぽい趣もあり、一瞬なんの曲か分からなくなるレベルのアレンジぶり。音源で売ってほしい、言い値で買うので。

ケーキ売りの女の子

ケーキ売りの女の子

  • provided courtesy of iTunes

 

「真夜中の大岡山にて」で〆るのが、7月末に開催される大岡山ライブにつながる感じがしてとっても好きでした。

 

あとはツボに入ったMCとか、メンバー皆さんの様子とかをいくつかツイートしたので貼っとく。

冷静になってみると「美味しそうなポケモンはどれか」について真剣に語り合うバンドヤバすぎるでしょ。最高

SAKANAMONの大きな魅力のひとつに「MCが面白い」ことが挙げられるんですけど、今回はゆるい雰囲気の中でマジの居酒屋トーク風のMCが聴けてより一層面白かった。まるで一緒に居酒屋で飲んでいるみたいで、まあメンバーもお客さんも本当に飲んでるんですけど、一緒にくだらない話しながら酒飲んでゲラゲラ笑えて本当に夢のようなひとときでした…

体感時間15秒くらいだったのに「次が最後の曲です!意外といい時間なんですよ」って言われてびっくりした。

楽しい飲み会であればあるほど酒も進むし、時間はあっという間に過ぎる。

 

 

キムさんのツイートの通り、拡散するためにこの記事を書いた。

マネージャーさんの鬼エゴサにも是非…引っかけていただきたく……!!!

本当に、チープな表現しか出てこないのがもどかしくなるくらい素晴らしいライブだったし、SAKANAMONの新たな魅力や強みを発見できたこと、メンバーの皆さんがやりたいことをやれていること、それに混ぜてもらえる嬉しさ、などなどが頭の中でグチャグチャに積み重なっていて、この余韻を忘れないためにも記録しておかなければ、と思って書いた。

本当に、心の底から楽しかった。推し主催の飲み会に混ざれたこと、オタク人生の誇りです。

あらゆる手段を使って本気で遊び、本人たちもめちゃくちゃ楽しんでいる、ファンのこともめちゃくちゃ楽しませてくれる、そんなSAKANAMONがまた一層好きになった夜でした。

いつ観ても「今のSAKANAMONがいちばん最強だわ」って思わせてくれるのすごい。 

 

余談ですが風知空知さんのベーコンとたくあんが入ったポテトサラダがマジで美味しかったです。いつも居酒屋に行くとほぼ確実にポテトサラダを頼むんですけど、普段は3人くらいでシェアする量をひとりじめできるの幸せすぎた。酒が進みました。

 2020年2月末をもって一旦営業を終了するとのことで、終了前に絶対もう一回食べに行くぞ…!

お酒もご飯も雰囲気も込みでまるっと全部楽しむことができました。ありがとうございました。

 

おわり