真夜中の洗濯機

長期記憶にするための覚え書き

無職日記(7/12)

猫の嘔吐がきょうも止まらず、ふたたび病院に行った。

吐いてる胃液で口の中が荒れてしまっているせいなのか、口内炎のせいなのか、とにかくものを食べることができない。ここ2日間は点滴と注射で栄養をまかなっている状態である。

私の寿命なんぞ猫にあげてしまって全然構わないので、1日でもはやく元気になってほしい。

心配しすぎなのかもしれないけれど、うずくまっている姿を見ると泣きそうになってしまう。

私が長生きすることなどもはやどうでもいい。

 

猫が心配でまた朝4時まで起きてしまったので、瞼がズーンと重く、昼過ぎくらいまで起きては寝ての繰り返しを3回くらいやってしまった。

そんな中、夕方に家を出て下北沢は風知空知で開催されたSAKANAMONのアコースティックワンマンライブ「音楽居酒屋 肴者」に行ってきた。

f:id:Ribboncitron:20190713011022j:image

もう「とにかく素晴らしかった」の一言に尽きる。

また別記事で感想書きます。

 

下北沢に向かう前に転職エージェントから電話がかかってきて「すみません…こないだ面接に行っていただいた会社さん…お見送りになってしまいました…」と告げられたが、正直そんなにショックではなかった。

面接の終盤あたりで「長えな」って飽きだしていたし、なんか薄々落ちてしまいそうな気はしていた。縁がなかったのだろう。

そもそもそのエージェントはお見送りになった時だけ電話をかけてくるのですぐに察することができる。「あっ…お見送りになったんだな…」って。そのほうが問題じゃねえか?

フィードバックのコメントとか書面で知りたいし手元に残しておきたいので、できれば先にメールしてくれると助かるんだけどなあ。

今回もまたライバルに競り負けてしまったらしい。ショックではないと書いたものの徐々に、ボディーブローのようにじわじわ効いてきた。いかん。切り替えねば。