真夜中の洗濯機

日々の記録

最近癒されたもの(2023年1月分)

転職活動と現職のストレスでおかしくなり、自分の叫び声で起きることが格段に増えた今日この頃。あとすげえ寒い。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

前回の転職活動〜転職したての頃の日記を読み返してみる。今回とはまたタイプの違うつらさに悩まされながらもなんとか生き延びている。そんな自分の姿に勇気をもらえた。

3年半も経っているとすっかり忘れてしまっているけど、読み返してみるとあ〜こんな感じだったな〜とだんだん記憶が蘇ってくる。記録することの大事さを折に触れて思い知る。

一方、実際の活動の中で「いやもっとちゃんと記録取っといてくれや」と思うことも多いので、反省を活かしてコツコツ記録の精度を高めている。

ribboncitron.hatenablog.com

この日記の中で「電車に揺られる」と書いていてウケた。

『花束みたいな恋をした』で麦が電車に乗ることを「電車に揺られていたら」と表現するくだりにいちいちサブイボが立っていたけど、自分もやってるじゃん。しかも覚えてねえという。紛れもない同族嫌悪ですね。

anond.hatelabo.jp

たまたま読んだこの増田がツボだった。

『花束みたいな恋をした』、わたしは大好きだし人生であと500回くらい観るだろうけど、作品を観るのと同じくらい悪口を聞くのも好き。この映画を観て「全然合わなかった」と言っている人の感想を聞くのが楽しくて仕方ない。

好きすぎて歪んでいるのか。こんな気持ちになれる映画は今後現れるのだろうか。

 

疲れているので、最近心を癒してくれたものたちを羅列していきます。

 

●ママタルトのラジオ母ちゃん

昨年から聞き始めてすっかり虜に。センター試験の話でひわちゃんが「敗者復活戦はまったく緊張しなかった、マクドナルドのネタは何度もかけていてウケるタイミングはなんとなく分かっているから」と言っていたのが忘れられない。結局は何回も叩いて磨いていくしかない。面接をしていてモヤモヤしていたポイントを言語化してくれたようで、つらくなるたびぎゅっと握りしめるように思い出している。

良かれと思って「このエピソードは二次面接に取っておこう」と思うと落ちたりする。そりゃM-1のネタ選びが難しいわけですよ。観てる側からしたらなんでそのネタ選ぶの?とか、なんであのネタやらないの?とか簡単に言えるけど、当事者からしても博打以外の何物でもないわけで。転職活動するだけでこんな大変なんだから、賞レースってどんだけ大変なんだろうか。芸人さんはすごい。

ママタルトが漫画の話をしているだけで心が弾むし、荒んだ心が潤う。肥満ちゃんの関西弁はひわちゃんと過ごすうちにうつったのだろうか。関東弁と混じった絶妙なイントネーション。非常に親近感を覚えています。

関西弁はうつるし、関東弁もうつる。一緒にいる人の方言がうつるのってちょっとうれしい。

 

ジェーン・スー『おつかれ、今日の私。』

2023年初読了。お風呂で読んで癒されていた。自分のメンタルによって刺さるエピソードが変わってきそうで、いま好きな部分には付箋を貼っておいた。

転職についてのエピソードもちょうど掲載されていて、読みながら涙が出た。煮詰まっていたところ、これを読んで若干ブレイクスルーできた気もする。ありがたい。

いろんな人に労いの気持ちを込めて渡したい本だった。会話の橋渡しにしたくなる、そんな本。

 

長谷川あかりさんのレシピ

自炊することが増えたので、長谷川あかりさんのレシピに頼りきっている。

長谷川さんのレシピに沿って作ったごはんは、シンプルで素朴なのにびっくりするほど滋味深い。素材の味ってこんなにダイレクトに舌に届くんだ!と毎度驚く。

こんなに生きていてもまだ知らない味ってたくさんあるんだな。白が200色あるように。(アンミカ)

『いたわりごはん』ももちろん買った。周りのフォロワーの購入率もすごく高いように感じる。簡単だしおいしいもんなあ。

最近は塩麻婆豆腐、鮭の切り身をおだしで煮たもの、タッカンマリが気に入っている。ヘルシーで食べてて疲れないし、なによりホッとする。

ごはんが美味しいって思えているうちはまだ大丈夫だな、という具合にメンタル確認もできる。

 

●数学の問題集を解くこと

数学の問題集を解くのが地味に楽しい。

ずっと数学が苦手で授業中は拒否反応で即寝落ち、テストで9点を取り三者面談でガン詰めされてた高校生のわたしが聞いたら目を丸くすると思う。大人になって仕事で金勘定をすることも増えてきたからかもしれない。

『大豆田とわ子と三人の元夫』で、とわ子が黙々と数学の問題集を解きながら無の状態になっていたシーンに今なら共感できる。無になれて楽しいのだ。なので、SPIの問題集を解くのも楽しい。正答率はさておき…

もう少し落ち着いたら、数学の問題だけが網羅されたテキストを買ってひたすら解きたい。

数学ができなくてどんどん落ちこぼれていった過去の自分を成仏させられるかもしれない。

 

●紙の日記

年始にふと思い立ち、ロルバーンの真っ黄色いノートを買って日記をつけ始めた。ドンピシャのタイミングでAwichさんも毎日日記をつけ始めており、一緒に続けられるのがうれしくて習慣化しつつある。今日で4日目。

何事も形から入るタイプなので、かわいいペンも欲しくなってきた。今はセブンで買ったジェットストリームの適当なボールペンを使っている。地味に書きやすくて仕事でも使っているやつ。

インターネットに書けない・書きたくない話で爆発しそうになるので、紙に書いて鎮めている。かなり良いセルフケアになっている。

 

転職活動以外にもしんどい別れと、別れを予期させるできごとが立て続けに続いている。当事者でもまだ整理がついていないっぽいので、徐々に気持ちを整理していければなと思う。

もうひと踏ん張り。1月残り&2月もなんとか生きる。

参加ライブ振り返り(2022年下半期)

続き。上半期〜下半期に分けてみた。多すぎて…

 

<7月>

ロングコートダディ単独ライブ まさに全国ツアー「ふくらまくら」in 大阪@よしもと漫才劇場

choice40@服部緑地野外音楽堂

ジャニーズWEST ドームツアー「 TO BE KANSAI COLOR -翔べ関西から-」@バンテリンドームナゴヤ

→かなり濃い月だったように思う。本数というか内容が。

ロングコートダディ単独、間違いなく昨年いちばん取れるかヒヤヒヤしたライブだった。今年はもっとヒヤヒヤすると思う。配信でも観た。

choice40の暑さにやられて夏フェス参加を断念することに決めた。

ナゴド暑すぎたけど、席がとんでもなく良くてぶっちゃけ記憶があんまりないので円盤でちゃんと観たい。自担の視界に入りたくなくて終始仰け反ってた記憶しかない。あとはとにかく暑かった。熱中症でダウンしかけた。

コロナ禍前ぶりに会えた友達と行けたライブだったのも思い出深い。名古屋に行って楽しくなかったことが今のところない。

肉眼で見るジャニーズWESTは"ヤバい"の一言に尽きる。目の前に来てみな。飛ぶぞ。

 

<8月>

LIVE IN LIVE〜I HUB YOU 3〜(×Creepy Nuts)@Zepp Nagoya

電気@COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

シシガシラ×ダイヤモンド×黒帯×チェリー大作戦「漫才至上主義」@よしもと漫才劇場

→まさかのドームコンの翌日だったベボベ×Creepy対バン。好きが詰まった対バンだったので行けて本当によかった。

この時期、職場が激動のタイミングだったので体調最悪だったんだけどライブ観たら一瞬治った。基本的に単純なオタク。

電気、とても楽しかったので休演だったロングコートダディを交えた状態でまたぜひとも観たい。

「漫才至上主義」は何度眺めてもいい座組み。バランスがとてもいい。生で観るシシガシラ脇田さんは映像で見るよりも丸くてかわいい。

 

<9月>

シソンヌライブ[onze]@下北沢本多劇場

LIVE STAND presents ~西軍VS東軍~ 新世代の合戦@COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

→生で観るシソンヌライブはやっぱり格別。

せっかくのお祭りなのでLIVE STANDにも参加。不意にやってきたイワクラちゃんとオズワルド伊藤ちゃんのモノボケ共演にドキドキする。チケットにくっついてたFANYプレミアムメンバー特典のタオルがすげえ使いやすくて、サウナに行くときに重宝しています。メルカリにあったらもう1枚くらいストックしておきたいかもしれない。

 

<10月>

オールナイトニッポン55周年記念 Creepy Nutsのオールナイトニッポン『THE LIVE 2022』~オレらのRootsはあくまでラジオだとは言っ・て・お・き・たい ぜ!」ライブビューイング

大阪文化芸術創出事業 OSAKA LAUGH&ART 2022 RGが90分あるあるを歌い続けロングコートダディ蛙亭ジェラードンがコントしてその似顔絵をHGと武将様が描き続ける会@大阪市中央公会堂

Music Restaurant Royal Host Release Tour 2022 大阪公演@心斎橋SUNHALL

→キモイベ、キモかった。でも心底楽しかったなぁ。

憧れのあるある会(土)→憧れの藤井隆さん(日)という夢のような土日を過ごした10月。あるある会常連のみなさんが持っているRGさんのうちわとフリップを兼ねたものが欲しい。すごく便利そうだった。

『Music Restaurant Royal Host』、なんやかんや2022年トップレベルに聴いたアルバムかもしれない。めちゃくちゃ至近距離で大好きな藤井くんが歌って踊っているところを見られて泣きそうになった。てかけっこう泣いた。アクリルスタンドも買った。サンホールも大好きになった。

 

<11月>

私立恵比寿中学生駒祭~近大・ライオット~@近畿大学 11月ホール 大ホール

トークライブ黒帯と中山さん@森ノ宮よしもと漫才劇場

Base Ball Bear 20th Anniversary 「(This Is The)Base Ball Bear part.3」@日本武道館

MAGIC HOUR VOL.01@なんばHatch

SAKANAMON 15th ANNIVERSARY LIVE TOUR “発光”@KYOTO MUSE 

f:id:Ribboncitron:20230106000455j:image

f:id:Ribboncitron:20230106000459j:image

f:id:Ribboncitron:20230106000504j:image

→数億年ぶりに学園祭ライブへ。コロナ禍を経て復活してきたのがうれしい。1時間1本勝負にふさわしい完璧なセットリスト。私立恵比寿中学はどんな試合でもしっかり勝ちに来るので大好きだ。

『黒帯と中山さん』の中で中山功太さんがおっしゃっていた「すごい芸人さんを推していると、自分も優れた人間のように思えてくる(ので危ない)」というニュアンスの話が未だに忘れられないし、肝に銘じようと思った。

ベボベ武道館、めちゃ弾丸で行ったので友達ともゆっくり話せずバタバタしてしまったのご惜しい。でも終わったあとにみんなでマック食べたのがなんかよかった。学生時代に戻ったみたいで楽しかったな。

あのとき延泊を我慢したのがいま身を結んでいるように感じるので、引き続きがんばりたい(転職活動を)。

九段下の駅にポツンと佇んでいた黒ラベルの缶が他人と思えず、思わず写真におさめて帰った。

あと、武道館の外観ってなんでこんなに写真に残しておきたくなるんだろう。ライブ名がバーンと出てるのを見るたび新鮮にはしゃいでしまう。これがあるから武道館のライブは特別楽しみだし、どこか特別感や神聖さがある。

特段音がいいわけでもないけど、あのみんなで囲んで見守ってるような座席の配置がとても好きだ。

大好きで大切なバンド2組の結成日が同じことに夜行バスの中で気づく。今更。

京都ミューズにもはじめて行った。何度か通っている場所にあるのを知り不思議な感覚に。出町ふたばの豆大福を片手に京阪電車のプレミアムシートに乗って帰った。すっかり関西になじんでいる。

 

<12月>

SAKANAMON 15th ANNIVERSARY LIVE TOUR “発光”@心斎橋Music Club JANUS

私立恵比寿中学 柏木ひなた卒業式「smile for you」@幕張メッセイベントホール

私立恵比寿中学 New style 大学芸会~run in our ebichu family~@幕張メッセイベントホール

黒帯会議~年末SP2~@森ノ宮よしもと漫才劇場

→2022年、2回目のJANUS。席があり観やすい。ハイネケン飲みながらのんびり観た。

MCなどで聞いた話も含めて、SAKANAMONって奇跡みたいなバンドだなと改めて思った。続けてくれていてありがとうという気持ちしかない。続けてくれているだけでなく、京都で宣言してくれたセットリスト変更までやってのけるとは。徳を積みすぎでは?

『ふれあい』、生で聴けば聴くほど愛おしくなる。てかサムネの元生くんめちゃくちゃかっこよくね?(俗な感想)


www.youtube.com

エビ中ライブは以前のエントリの通り、前後の記憶も含めて楽しかった。

1年の締めは黒帯会議。年末ギリギリまでお笑いライブを観られてうれしい。

あんなに人がいて入場の待機列が伸びている森ノ宮ははじめてだった。もうしばらく見ることはないかもしれない。

噂に聞いていたダイヤモンド野澤さんの、M-1を引きずったクシャクシャ顔を拝見しておもしろ切ない気持ちに。ダイヤモンドの漫才は間違いなくおもしろいので、どうか自信を取り戻してほしい。

同時に、演者もM-1をしがんでいるならわたしもまだまだしがんでいて大丈夫だな、と安心した。野澤さんありがとう。

囲碁将棋のカリスマ性に震え、余韻に浸りながら寝た。

 

こんだけチケット取ってても1個も無駄にすることなく完走できたの我ながらすげえなと思った。今年も健康第一でいきたい。

やっぱり何よりも現場が好き。今年もたくさんライブ行くぞ。

参加ライブ振り返り(2022年上半期)

佐久間さんがいつもしてる、年末年始に酒飲みながら1年観たり触れたりしたエンタメを眺める話が好きなので真似してみた。

1年あらゆるライブやイベントに行き続けた足跡がびっちり綴られてるのを見ただけで結構やったった感出ていいな。しかしまとめてやるのがだいぶ大変だったので今後はちょこちょこつけていきたい。とんでもねえ大変だったマジで。

 

やってみて思ったけど、現場に行った記憶を羅列するときめきと集めたセボンスターをきれいに並べるときめきは似ている。ずっとうっとり眺めていたくなるところが特に。

楽しい現場に行ったあとの反動の鬱がクソしんどくて逆に笑っちゃうときがあるので、セボンスターをいっぱい詰めたお菓子のカンカンみたいに傍に置いといて、しんどくなった瞬間に眺めようと思う。

 

<1月>

HIGH FIVE 2022@Zepp Namba

→なんかすげえ寒かった記憶がある。今も同じくらい寒いか。

 

<2月>

SAKANAMON THE QUEST ~15周年への道~「記憶の回廊」@心斎橋Music Club JANUS

空気階段単独ライブ『fart』@なんばグランド花月

M-1ツアースペシャル2022 大阪公演@大阪国際会議場グランキューブ大阪) 

田村ゆかり バースデーイベント2022@パシフィコ横浜国立大ホール

→このあとJANUSにもう一回行くことになります(またSAKANAMONで)

空気階段の単独、チケット取るのめちゃくちゃ大変だった。ご縁あって譲っていただけて本当にありがたかった。今はFANYプレミアムメンバーだし大丈夫だと信じたい。大丈夫だと言ってください。

M-1ツアーで、普段あまり聞けないよしもと以外の芸人さんの出囃子がたくさん聞けてテンション爆上がり。何度も言うけど真空ジェシカの出囃子がミドリの『ゆきこさん』なのは超いい。 

M-1ツアーの終わりもそこそこ遅かったのに、ほぼ始発の新幹線で仕事ついでに東京に出て田村さんのFCイベント見て帰って翌日も仕事行ってた。この頃はまだ元気だった。

 

<3月>

CAT ATE HOTDOGS 2nd Single『timelimit.』Release Tour
“Chitty Chitty Bang Bang Band” Tour@OSAKA MUSE 

LIVE IN LIVE〜I HUB YOU (Take) 2〜(×KANA-BOON)@Zepp Osaka Bayside

→CATATE、最近東京のライブがいっぱい増えてきておりうれしい&少し寂しい。また大阪でも観たい。去年も彼らの曲を聴いている時間がかなり長かった。

念願のI HUB YOUにも行けてうれしい。ベボベKANA-BOONの対バンなんて良さしかないに決まっている。数年ぶりに見たKANA-BOON、以前よりもパーッと開けた明るさに満ちていてとてもよかったし、ここからまた定期的に聞くようになった。

 

<4月>

漫才とコントの日~漫才とコントができる二刀流芸人が池田に大集結~@池田市民文化会館アゼリアホール

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2022 Mixed Juice@丸善インテックアリーナ大阪

梅田サイファーワンマンライブ「Show Must Go On」@服部緑地野外音楽堂

Creepy Nuts TWO MAN TOUR「生業」(×RHYMESTER)@Zepp Osaka Bayside

→「漫才とコントの日」、こんなメンツ滅多に見られねえよ!?というくらいお笑いオタクに刺さる豪華メンツなのに当日券が余裕で取れるバグりっぷり。大阪の劇場以外の寄席では頻繁にこういう事態が起きている。わざとデカい箱を押さえているのかもしれない。池田市、住み良さそうでいいところでした。

生まれてはじめてジャニーズのライブに行き、大感動。大はしゃぎしながらフォロワーにクソ長文LINEを送るバケモンと化した。ジャニーズWESTってば本当に最高。いろんなジャンルの曲が1回のコンサートにギュッと詰められているので、1粒で5度おいしいみたいな気分になれるところが大好き。お得を重んじる関西人らしさがある。

服部緑地野外音楽堂、めちゃ好きになった。はじめて観たのが梅田のライブだったのもデカいと思う。思えば味園ユニバースも梅田に連れて行ってもらっていた。今や日本でいちばん好きなライブハウスかもしれん。

這ってでも行きたかった「生業」も無事&健康なまま行けて、悔いなし。選ぶのはキミだ。他の誰でもないんだ。

 

<5月>

私立恵比寿中学 10th Anniversary Tour 2022~drawer~@大阪国際会議場グランキューブ大阪) 

風薫る東名阪漫才興行2022@ABCホール

さらば青春の光単独ライブ 「五穀豊穣」

SAKANAMON THE QUEST~15周年への道~「冒険者の酒場」@Cafe Room

SAKANAMON THE QUEST~15周年への道~「冒険者の酒場」@城下公会堂

→バラエティに富んだ月。風薫る東名阪漫才興行はどんどんやって欲しい。フライヤーがかわいかったのでポストカードを買った。

さらばの単独は毎年必ず行くことに決めた。あんなに忙しいのにキッチリ新ネタおろしてくるのかっこよすぎる。しかも全部おもしろい。

はじめて生で観るブクロさんの謎のオーラがちょっと怖くて半目で観てた。目を見開いたら飲み込まれそうだった。

SAKANAMONを観に生まれてはじめて岡山へ行く。開演までは岡山城の近くに流れる川のほとりでずっと本を読んでいた。

まったく昇らせる気がない階段を見て、もっと自由になってもいいのかもしれないなと思った。

アコースティックと銘打っておきつつあんまりアコースティックじゃないSAKANAMONのライブを観ていても同じことを思った。人間ってもっと自由でいい。

岡山、また行きたい。倉敷行けてないし。

f:id:Ribboncitron:20230105233622j:image

 

<6月>

SPARK!!SOUND!!SHOW!! "YELLOW/しあわせになる"release ONE MAN tour 〜日本解体〜 @心斎橋BIGCAT

田村ゆかり Acoustic Tour 2022 *Soundrops*@Zepp Namba

lyrical school tour 2022 “L.S.” @心斎橋VARON

chelmico gokigen TOUR@心斎橋BIGCAT

 CLUB Creepy Nuts 会員限定イベント@Zepp Osaka Bayside

ニューヨーク単独ライブ「Last Message」@COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

→念願の田村さんのアコースティックツアー。リアルに10年言い続けてやっと叶った。アコースティックセットでもいつものライブと変わらない尺(約3時間)をぶっ通す彼女のスタミナと胆力に改めて脱帽。長いこと見ていてもまだ知らない場所に連れて行ってくれて、知らない景色を見せてくれる田村ゆかりさん。好きです。

ニューヨークの単独も超よかった。競馬で大負けした嶋佐さんが負け分をペイするために自作したシール(幼少期の写真を使ったもの)がかわいかった。わたしは小銭が足りなかったので購入を断念したけども、たくさんの人が群がっていてその様子にニコニコしてしまった。

 

これの他に、森ノ宮と上本町で寄席を観たりした。奈良でも観た。カベポスター×フースーヤ×タイムキーパーの3マンも観た。

とにかくお笑いを観まくってて、その流れは下半期もずっと続いてる。今年いちばん生で観たのはカベポスターかもしれない。たぶんほぼすべての寄席に彼らがいた。

空気階段単独(金)→M-1ツアー(土)→田村さんFCイベント(日)とか、田村さんアコースティックツアー(土)リリスク→chelmicoの1日2ライブ回し(日)とか、楽しすぎて頭おかしくなりそうだった。

ただかなり刺激も強いので毎週のように続けると頭がバグりそう。用法容量を守って正しく服用したい。

さよならばいばいまたあした(12/16〜12/18東京遠征日記)

12/16

転職活動の都合上、有給を1日でも多く温存しておきたいため半休で東京に向かうことに。

半日ほどおとなしくデスクに座り、定時ピッタリに会社を出る。もはや時報と言っても過言ではない。

仕事は月曜日に5倍速でスタートしたので金曜AMの段階でほぼ完了。

最終的には500倍速くらいのスピードが出ており、毎週末ライブだったらいいのになと思った。

すべてのやり取りにおいて先方からの連絡を先回りし、『あとは来週やります』という宣言をブチ込んで退勤。戸締まり中で業務をだいぶセーブした状況ということを差っ引いてもかなり手際がいい。我ながらあっぱれだと思った。

 

新大阪駅で友人へのお土産と、めずらしく駅弁を購入。これがとても美味しかった。ひなたを思い浮かべながら肉がたくさん入った弁当をチョイスして正解だった。量もちょうどいい。ひなた、ありがとう。

f:id:Ribboncitron:20221216154000j:image

精神安定を図るため田村ゆかりさんの曲を聴きながらブログの下書き作業。田村ゆかりさんの歌声はいつもわたしの心を静かに撫でて落ち着けてくれる。

 

思いのほかギリギリに海浜幕張に着き、入場。新幹線の時間があと1時間遅れてたらどうなってたんだろう?とゾッとする。いわゆる遠征民になってから、関東の会場に行くときは毎回ちょっと緊張する。

夕陽がきれいで幸せ。エビ中に当たり前の景色の尊さを教えてもらいながらここまで生きてきた。

 

ひなたを観てると、こんなに上手にできたらそりゃ歌うことと踊ることが大好きになるわな〜っていつも思っていた。ひなたみたいにいろんな曲を自由自在に乗りこなせたらすごい楽しいだろうなって。

エビ中としての最後のステージでも、いつも以上にそれを感じさせてくれた。大事なパートをいくつも担っているのに一撃たりとも外さない。完璧なプロの仕事にただただ痺れる。

ライブの最後、メンバー1人ずつとハグ&言葉を交わしながらバイバイする場面があり、マイクは通っていないながらもこの様子を観させてもらえること自体すごく貴重で尊いことだな…ありがたいな…と感謝の気持ちでいっぱいになった。

妹たちにはしっかりしたお姉さんの顔で何かを伝えていて、お姉さんたちには末っ子の顔で甘えるひなたの姿に、彼女の魅力のすべてが詰まっている気がした。まやさんの腕の中に埋もれて一段と甘えるひなたの様子に嗚咽を漏らしながら泣いた。ひなたはいつもまやさんのことを大好きでいてくれてありがたい。まやひなコンビ、ずっと大好き。

ほぼ自分だけがやっていたブログの更新をメンバーにも促したり、号令をかけたりあえて厳しいことを言ってメンバーを鼓舞したり、ひなたの勇敢さとエビ中のためを思い率先して動く責任感の強さたるや。ひなたの努力を当たり前のように享受していたことに最後の最後で気づく。悟らせないあたりもプロの仕事すぎる。

新幹線の中でこのインタビューを読んでいたからこそ、彼女の言葉のひとつひとつをいつもより噛み締めながら聞くことができた。

 

さまざまな輝きの裏にある途方もない努力を決して感じさせない、とにかく生き様がかっこいい人。
あなたをいち社会人として心から尊敬します。

柏木ひなたに出会える人生を選べて本当に良かった。エビ中にいてくれてありがとう。

f:id:Ribboncitron:20221224202744j:image
f:id:Ribboncitron:20221224202741j:image

泣いて笑ってお腹がすいた。取り急ぎ駅前のセブンでカレーパンと唐揚げ棒を買い、花壇の良きスペースに腰掛けながら食べた。美味しかった。最愛のアイドルを見たあとに食べるジャンクフードは至高の味がする。

帰り道で『さよならばいばいまたあした』を繰り返し何度も聴いた。普通はこういう素晴らしいライブのあとって余韻でなにも聴けなくなるんだけど、今日はどうしてもこの曲が聴きたかった。いろんなジャンルの音楽に愛されているエビ中だからこそ、いろんな気分に寄り添ってくれる曲がある。

東京に取ったホテルに戻り、セブンのポテトサラダ・しめ鯖・淡麗グリーンラベルで1人打ち上げ。この上ない喜びを感じた。こういうささやかな幸せを感じられる人間でよかったなと思った。ちなみにセブンの和風ポテトサラダはエグいくらい美味い。

わたしの感受性を支えてくれている柱のひとつである私立恵比寿中学に最大限の感謝をしつつ就寝。

 

12/17

起床。『エビ中☆なんやねん』を聞きながら身支度をしてホテルを出る。桜木心菜さんのMC就任がとてもうれしい。何が飛び出すか予測ができないトーク展開がおもしろい。

前日から狙っていた朝ラーメンへ。

f:id:Ribboncitron:20221224202738j:image

この横に茶碗2杯分くらいのドカ盛り白飯もついてるんだけど、写真におさめるのが恥ずかしくてなんとなく隠した。

着丼した瞬間はウワッ…朝からこれいけるか…?と一瞬絶望したものの、無心で食べて気づいたら完食していたのでびっくり。家系はのり増しが個人的なマスト注文。

 

ライブついでに実家に帰省する。これを以って2022年の帰省は終了。年末は新幹線と東京駅が激烈に混む気がして、事前に別の予定を入れたので帰らない。

部屋の片付けの要請を受けていたので粛々と仕分けする。漫画と小説をいくつか段ボールに詰めて大阪の家に送った。

昼ごはんの親子丼もペロリと完食。育ち盛り並みの食欲が止まらない。

 

そのまま1日ぶり・今年2回目の海浜幕張へ。

ジャンプフェスタが同時に行われていて混み具合に一瞬肝が冷えるも、ベローチェのいい席が空いており開演時間前までフォロワーと茶をしばくことに成功。ここのベローチェはなぜかいつもいい席を取れる。席数もそこまで多くないし、イベント参加の人もとてつもなく多いのになんでだろう。

2日連続でエビ中のライブを観るのがだいぶ久しぶり且つ、人と連番するのも久しぶりで、まずそれがすごくうれしくて楽しかった。

あとは新メンバーのエマユナちゃんが予想よりもずっと達者でずっと絶句していた。基本は声出しNGだけど『ヒエッ…』という感嘆の声はどうしても抑えられなかった。

前日までひなたが担っていたライブ中の役割(挨拶や次のライブの告知など)を、ひとりに任せるのではなくみんなでいい塩梅に分担していて、そこも良かった。これがニュースタイル私立恵比寿中学の進む道なのね、と思った。

最愛の推しメンが話してくれた今後の目標も然り。明確な目標を新たに打ち出すところに、今までとはまた違った覚悟を感じた。

私立恵比寿中学のこと一生好きだ。たぶん。今まで観てきた約8年の間で何万回も思ってきたことを、また更新した日だった。絶対はないから一応「たぶん」の予防線を張っているけど、その予防線が効果を発揮したことは今まで一度もない。

 

フォロワーと絶句しながら東京駅に戻り、忘年会会場へ。久しぶりにオタク仲間と思いっ切り話せるのはとにかく楽しい。みんなで持ち寄ったアクリルスタンドを並べてみて、推しがほとんど被らなかったのがおもしろかった。人とのつながりの尊さを改めて感じ、アクスタ遊びの楽しさに目覚めた2022年だった。

気づけば朝5時になっており、その次に目を覚ましたときはホテルで爆睡していた。終盤の記憶が途切れ途切れになっていたのでフォロワーに聞いてみたところ、aikoの『花火』を熱唱していたらしい。

意識がなくても『花火』をチョイスする自分のセンスが好きだな、とナルシズムに浸りながら二日酔いの体をなんとか起こした。

 

12/18

二日酔いで目を白黒させながら新幹線に乗って帰阪。

古今東西あらゆる二日酔い対策をした結果、いちばん効くと信じているウィダーブドウ糖味を飲みながらじっとしていた。近くに座っていたお姉さんの声が友人にとても似ており、ラジオ代わりにさせてもらいながらウトウト。

大阪に着いたあと、もっと効くヘパリーゼPREMIUM(2粒しか入っていないクソ高い代物)も2包買ったが、家に向かう帰り道で落としたらしくどの荷物にも入っていなかった。カス。

この日は新幹線のダイヤが大幅に乱れていたものの、M-1に合わせてだいぶ早めの新幹線を取っていたので混雑に巻き込まれずに済んだ。なんという奇跡。M-1に感謝の正拳突きが止まらねえ。

肝心のM-1本編は、推しがいるとピザを取る気も起きないくらい緊張するということを学んだ。去年もいたけど、現場にたくさん行ったぶんまた違う感覚があった。

新しい時代の流れにワクワクする。千鳥が仕切ってくれた打ち上げ配信も完璧オブ完璧で、追っかけ再生しながらうっとりしてしまった。M-1ツアーもあるので年が明けてもしがみ倒そうと思う。まだ全然いろんな余韻の中で眠っていたい。

 

とにかく移動が多い1年だったので、パッキングに過去イチ時間がかからなかった。来年はどうなるかな。

仕事での移動は減りそうだけど、むしろ増えてもいいとすら思っている。

この3日間は特に楽しいことやうれしいことがたくさん重なった3日間だったので、記録に残して未来の自分がしがんで活力にできるようにする。

未来の自分よ、ちゃんと残しておいたよ。感謝してくれよな。

おいしいごはんを食べています日記

筋トレしないとイライラするようになってきた。ここ最近はなかなかできていない。もどかしい。

テレビ観ながらでもやりたいなと思い、さっき『エルピス』を観ながら簡易的な筋トレをした。それだけでだいぶスッキリした。

健康診断の結果が返ってきた。去年よりいい気もするがなんでこんなとこで引っかかった?ってとこで引っかかってる。これ再検査行かなきゃダメなやつなんかな…

視力がガン下がりしていたのでそろそろコンタクトの処方箋を変えねばならない。

 

弁当に対するモチベが尽きたので会社の近所の大好きな定食屋さんへ。ここのチキン南蛮は本当に美味しい。チキン南蛮しか食べないので他の定食メニューをそこまでまじまじと見たことがない。

人生ベストチキン南蛮は宮崎で食べた『おぐら』のそれで未だに覆ることはないものの、ここの定食屋さんのチキン南蛮はまた別ジャンルのおいしさがあって好きだ。南蛮に浸りすぎていない唐揚げがとにかくおいしい。仕事を辞めたらこの味も食べられなくなるのかもしれない、と思うと寂しい。

モチベは無事復活し、ふたたびモリモリと弁当をこさえ始めている。副菜をたくさんつくるのが楽しい。弁当箱の中に色がいっぱいあると心が少し跳ねる。

 

わたしにとっての休日はチートデイそのものである。近所の王将でテイクアウトしてきた餃子とニラレバと冷凍してた米を一皿にまとめて「夢プレート」と称して食べたり、自作唐揚げとカレーにどハマりして毎週作ったりした。得意料理は唐揚げとカレーです。あと肉じゃが。まだまだのびしろしかない。

あと今井のうどんをはじめて食べた。大阪に来てからずっと食べたかったけど機会がなかったので。あれはすごく良いものですね。

きつねうどんの迫力と味の説得力、ものすごかった。歴史あるお店のご飯をいただくときはいつも緊張するけど、同じくらい元気ももらえる。

親子丼セットを頼んで、あまりにもおいしすぎてカービィみたいに吸い込みながら食べた。味わって食べたいのにどうしても箸が止まらなくて、気づいたら食事が終わっていた。

エスニック立ち飲みにもハマっている。パクチー食べれないのにエスニック立ち飲みは好き。どうしてなんでしょうか。

今月の目標『2キロ痩せる』だったのにむしろ2キロ太っててクソ笑った。息を吸うように肥えている。太るのってあまりにも簡単すぎるし痩せるのはむずすぎる。肉がぜんぜん落ちねえ。

 

人生の目指したい方向性がだんだん明確になってきたので、現職でめっちゃムカつくことがあってもめげずにやる。ひさしぶりにすごい腹立つことがあってびっくりした。そんな日。

もう11月終わりそう。早いなぁ。

すみその戸締まり

朝起きて、annkwを再生する。Twitterでバズっていた性的消費のくだりで冷や汗をかきながらも笑う。

春日さんと若ちゃんが子どもの話で盛り上がっているのを聞くたび、うれしさと謎の切なさで胸がいっぱいになる。別にオフは何しててくれても構わんので、このラジオの時間がずっと続けばもうそれでいい。贅沢は望まない。人間はずっとオンではいられない。

あと、こんなにのぼり詰めてもなおシビアに金の話をするところがめちゃ好きだ。好きな人たちもふつうに人間で、値段にためらって買えなかったものとかもあるんだなぁと思うもホッとする。当たり前のことなんだけどつい忘れちゃうのよね。忘れたくないからラジオを聞いている。

 

仕事を終えて近所のコメダへ。

転職活動が家でできない(疲れて寝てしまう)のがストレスだったので、一念発起してカフェ作業に切り替えてみた。若ちゃんもネタ書くのにタリーズ10回くらい行ってるって言ってたし。すぐ影響される。

コメダのカツパン、はじめて食べたのですがめちゃ美味いですね。なんなんだあれは。

デカいとは聞いていたものの想像以上にデカく、でもサクサク食べられるのですごい。

この『サクサク』は比喩でもあり、実際に衣+ちょっと焼かれたパンのザクザクした食感がずーっと楽しめるので、食べながらずっと心が躍っていた。とにかく音がいい。口元から景気いい音がすると楽しい。

食べられるエンタメだと思った。

夜に行くチェーン店のカフェが好きだ。勉強や仕事に集中してる人が多くてそれだけでも刺激になる。わたしも頑張ろうって思う。

隣の席でゴリゴリに数字の話しながらオンラインミーティングやってる人がいて、会社の数字が店内にまる聞こえだけど大丈夫なんけ?と思いつつ求人を確認していく。

こういうのめっちゃ気になってしまう。新幹線の中とかでモニターに黒いカバー(?)かけずに社用PCいじくってる人とか。危ない、、

転職活動、ちょっとスランプ気味だったけど、自分の性格を理解しながら要領よく進めるしかないなと。

コメダ落ち着くし、定期的に通ってしまいそう。

家でもゴロゴロしながら転職サイトを眺めたりメールを返すことに成功した。人にとっては超極小タスクであってもわたしには一苦労なのだ。少しずつ軌道に乗せていく。

 

絶賛案件戸締まり中の社内でも、余計なしがらみをパージするためにちょっと攻めた行動に出た。

これで裏切られたらもうその時はその時だ。

慎重にいこう。

 

明日の服は日曜あたりからもう決めてた。寝る。

 

 

月を見る

朝起きて、グッと腹に力を込めながらcnannを再生する。

通勤の時間と、夕飯を食べながら全部聞き終えた。マジいい加減にしてくれ〜という呆れと、伝聞レベルの話で他人を叩く人の多さが可視化された恐怖。心がふたつある。

もちろんこのふたつはまったく別ベクトルの問題として捉えている。混ぜるとまた話変わってくるから。そして、伝聞レベルの話でウワッて思ってしまった第3の自分も確かにいる。

2人の声を聞いて、簡単に嫌いになれたらどんなに楽だろうと考えた。今日は終日ずっとそんな感じのことを考えていた。心がバラバラだった。

Creepy Nutsの未来を守りたい! コンプラ・タイムコップ』、自分のことも含めていろいろ顧みるためにもまた聞こうかなと思った。

ラジオを聞きながら、貯本していた加藤秀一『はじめてのジェンダー論』を手に取りやすい場所に置いた。年内中には読み終えよう。プチ目標。

毎週楽しくラジオを聞く時間が辛いものに変わってしまうのはしんどいので、ご勘弁いただきたい。

 

たぶんこれいろんな人が今日の日記に書くだろうしすでに書いてるんだろうけど、月の話を書く。

歩いて帰ってる途中でなんか人多いな〜と思ったら、みんな立ち止まって月を眺めながら写真を撮ったり缶ビールを飲んだりしていた。その様子をしばらく眺めているとなんだか込み上げてくるものがあった。

数時間経った今でも忘れられないし、もっと時間が経っても忘れたくないなと思ったので書き残しておく。

 

どんなに心が分裂していても月を気にする余裕は持っておきたい。次からまたがんばろう。