どうみてもポメラニアン

長期記憶にするための覚え書き

田村ゆかり楽曲における名フレーズ5選

田村ゆかりさん、お誕生日おめでとうございます。

ということで、今回は田村ゆかり楽曲における隠れた名フレーズをピックアップして紹介していこうと思います。

 

1.Jerry fish(13thシングル『Beautiful amulet』収録)

Jelly Fish 田村ゆかり - 歌詞タイム

この曲が自分の中で存在感を増したきっかけは、間違いなく「*Fruits Fruits♡Cherry*」ツアー(以下FFC)だった。このツアーの中盤で『恋のチカラ』(11thシングル『Princess Rose』収録曲。これまでのライブで1度も披露されたことがなかった屈指の名曲です)がまさかの初披露だったためにあまり言及してる人がいなかったけれど、この曲も負けず劣らずきちんとツアーに華を添えてた。

恋しくて 恋しすぎて

あなたを満たす ”何か”になりたい

こんなにも 好きになって…

光の中で とけてしまいそう

タイトルのとおり、海月のように儚くたゆたう恋心を歌っているこの曲の中で特に好きなのがラストの歌詞。

恋い焦がれるもどかしさから繰り出された「あなたを満たす  ”何か”になりたい」という精いっぱいの言葉にはいつ聴いても胸が締めつけられる。名曲。

 

2.さよならを おしえて(2ndアルバム『花降り月夜と恋曜日。』収録)

さよならを おしえて 田村ゆかり - 歌詞タイム

おしえて そっと そおっと 痛くない さようなら

 そう、わざと 手を放す 風船を見上げるような

そして そして あぁ こんな日々が

明け方の夢を真似て 終わる前に

自分の手から離れ「蕃紅花いろ」の空に飛んでいってしまう風船を見つめているときの、悔しいとも悲しいとも表現しがたい独特の歯がゆさ。まさに「痛くない」でも永遠の「さようなら」。

ふんわりとしたかわいらしい世界の中にほんの少しのもの悲しさを含む、田村ゆかりワールドの象徴のような曲なのでは…と勝手に決めつけていたりする。

そもそも 『花降り月夜と恋曜日。』というアルバム自体が名盤中の名盤なんですけれども、『さよならを おしえて』は世界観を盛り上げる田村さんのウィスパーボイスも相まって特に好きな1曲。

 

3.虹の奇跡(3rdアルバム『蒼空に揺れる蜜月の小舟。』収録)

虹の奇跡 田村ゆかり - 歌詞タイム

今この手を離したら きっとダメだね

そう、多分 ここが所謂(いわゆる)がんばりどこだね

大きく広がる世界にたったふたりだけの

物語りが終わらないように 終わらないように 

 「がんばりどこ」という、田村さんの楽曲にしてはめずらしくちょっと現代っぽいくだけた言い回しが印象に残るこのフレーズ。

今がまさに「この手を離したらきっとダメ」な時期なんじゃないかと思うわけで、奇しくも移籍前最後の大箱ライブが組み込まれたツアー「*Sunny Side Lily* 」(以下SsL)の東京公演で歌われています。偶然か意図的か、すべては神のみぞ知る。

 

4.floral blue (19thシングル『プラチナLover's Day』収録)

floral blue 田村ゆかり - 歌詞タイム

音が消える 時が止まる

ふたりはいま 夢に溶ける

あなたにだけ わかる声で

恋の呪文 囁いてる

 この曲もSsLにて日替わり曲として歌われていた。

「あなたにだけわかる声で」というフレーズは、あなたにだけわかればいい、それ以外はいらないという強い意思表示のようにも感じられ、畏怖の念すら覚える。

ほの暗い世界観とゆかりさんのひかえめで優しい歌声が溶け合って荘厳な雰囲気をつくりあげていて、何年経っても変わらず大好きな曲。

SsLの幕間映像で登場していたリンドウの花言葉”悲しんでいるときのあなたが好き”が、この曲の「あなたの孤独だけがわたしの味方」という歌詞とリンクしている気がする…というのは単なる考えすぎかな。インターネット深読みマン。

でも、この他にも歌詞に重点をおいてセットリストを組んでいるのでは?と感じたことが実際に何回かあったんですよ。

・2月14日に行われた「*Lantana in the Moonlight*」で君が好きって 愛はチョコレート」という歌詞を含んだ『虹色バルーン』と「溶けちゃうくらい愛してるから 本当なの」という歌詞を含んだ『mon cheri』を歌う

SsL「咲き誇れ花のように」という歌詞を含んだ『fotune of love』を歌う。FFC千秋楽のダブルアンコールで数年ぶりに披露されたあとにまさかの固定曲入り。

SsLで『雨のパンセ』『雨音はモノクローム』『Rainy Rainy Sunday』など雨にまつわる曲を多数披露したあと、ラストである東京公演の追加曲として『虹の奇跡』がセットリストに追加される(=雨がやんで虹がかかる)。ついでに言うと水にまつわる曲も多かった気がします(「甘く揺れる水になりたい」な『Honey Moon』、『砂落ちる水の宮殿』など)

これ以外にも探したらもっと引っかかるポイントがあるかも。探してみよう。

いずれも憶測の域を出ないただの妄想ではあるんだけど、ツアーが終わったあとも余すことなく余韻に浸れるような要素を提供してくださる田村ゆかりさんのライブは控えめに申し上げても最高なんすよ。

ひとつのおとぎ話をみんなで読み進めているみたいなライブだなあと感じることが増えました。ここ数年は特に。

 

5.YOURS EVER(1stベストアルバム『Sincerely Dears...』収録)

YOURS EVER/田村ゆかり - 歌詞検索サービス 歌詞GET

あぁ 泣きたい色は 

あぁ あなたの言葉で塗りかえられる

 

 例の発表のあと、ご本人のブログを読んでから、ずっとこのフレーズが頭から離れない。

||||| Diary - 田村ゆかり Official Web Site [ Tamura Yukari.com ] |||||

 

これからも、宝箱に思い出を一緒に増やしてゆきたいです。

もっと、ずっと。

 

改めて歌詞を読み返してみて、楽しい気持ちだけではなく苦しい気持ちや切ない気持ちにも寄り添ってくれる田村ゆかり楽曲の懐の広さ、そしてそんな名曲たちを甘さのなかにブレない芯を持つ歌声にのせて届けてくださる田村ゆかりさんの存在にただひたすら感謝したくなりました(田村ゆかり原理主義者)

本当に本当に、お誕生日おめでとうございます。

新たな門出の日を、名曲たちとともにずっと待っています。

 

I'll be on your side 一緒に向かって ときに転んで

立ち止まったりもしながら

 

You'll be in my sight 不安な気持ちと 変わらない想いを

隠さないように 行こう

 

Eternity 田村ゆかり - 歌詞タイム