読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうみてもポメラニアン

長期記憶にするための覚え書き

寺島拓篤「PRISM」が名盤すぎる

タイトルの通りです。この度寺島拓篤さんがリリースした2ndアルバム「PRISM」があまりにも名盤すぎる。
いくぜ、ステルス(されてない)(する気もない)マーケティング大会。
そしてこのアルバムを引っさげたツアー「TAKUMA TERASHIMA LIVE TOUR 2014 2nd STAGE "PRISM"」もスタートし、あっという間に東京公演までやってきた。
福岡からスタートしたこのツアー、私は先日の大阪・堂島リバーフォーラム公演にて初参戦。
余談ですが堂島リバーフォーラムのトイレがとてもきれいで感動。個室の数も多く、トイレオタク的には花丸をあげたいレベルだった。
箱もこぢんまりとしていてフラットだったので見づらいかな?と思いきやわりと後ろのほうでもしっかり演者が見えたので印象よかったです。ただ単純に客層の問題かしら。
セトリや演出に関しての明言はできないけれど、だからこそトイレ情報などという割とどうでもいい情報でお茶を濁さざるを得なかったのだけれど、それでもどう控えめに申し上げても「最高」でしかなかった。
そもそも「PRISM」が超名盤、今年リリースされた声優のアルバムの中ではぶっちぎりの完成度・満足度(※当社比)な時点で最高なのは当然といえば当然なのですが生バンドを従えて歌う寺島くんを直接この目で見て、音源と印象がガラッと変わった曲もいくつかあったりなんかしてそれがまたべらぼうに楽しかったのです。
今回のアルバムはとにかく「いつにも増して作曲陣が豪華」ということにまず言及していきたい。
前シングル「SCARET SIGN」の作曲に『「ラブライブ!」が好きだから』という理由で「Wonderful Rush」をはじめとしたラブライブ!楽曲を数多く手がけている河田貴央氏を引っぱってきた時点ですでにおかしな香りは漂っていたのですが(笑)
謎の人脈はランティスパワーによるものなのかはたまた本人のアタックの強さによるものなのかわりと本気で知りたい…。
個人的に特に好きだったのは「silent stride」「JUMBLE TOWN」「雨に笑えば」の3曲。
「silent stride」元School Food Punishmentの蓮尾理之氏提供曲。寺島くん本人もSFPが好きだったらしく、同じく私もSFP大好き芸人だったので勝手にに運命を感じたり感慨深くなってみたりしてしまった。勘違いしがちなオタク。
Eden of the East 東のエデン ED - YouTube

Un-Go Op Sub Español - YouTube
アニソン系アーティストだとAnnabelさんの「混線と対話」の作曲をしていらっしゃいます。超いい曲。
Annabel 「混線と対話」Music Clip(Short Ver.) - YouTube

これまた本人もアニカンのコラム(寺島拓篤 2ndアルバム『PRISM』全曲紹介)で仰っていたんですが蓮尾氏らしいエレクトロなサウンドに寺島くんの声が乗るのが受け手としてもまったく想像できなくて、だからこそ新鮮でおもしろかった。
1stアルバム「NEW GAME」のラストを飾った底抜けに明るい「C.M.K~コズミックナイト~」とは対照的といってもいいくらいの雰囲気を持った曲なので、これが2ndアルバムの締めくくりにあたる曲なのもまた粋でおもしろい。また新たな寺島くんの顔を発見できた気分。
ライブの演出がとっっても印象的だったので言えなくてもどかしい…もうとりあえずなんでもいいので来てください(?)

「JUMBLE TOWN」清く正しいハイパーキラキラアイドルソング。振り幅のでかさよ。最高。
Yakitate!! Japan Ending 2 - YouTube
元SOUL'd OUTのShinnosuke氏提供曲。SOUL'd OUTといえば「焼きたて!ジャぱん」のED一択なんだけど私だけかな。
嵐の「きっと大丈夫」も手がけていらっしゃったと知り妙に納得。サビの高揚感とかなんとなく通ずるものがある気がする。
そして悔しいことにたいへんかわいらしい仕上がりになってるんですよねこれが!
今回のアルバムのリード曲にあたる「Prismatic World」とこれは女の子のアイドル・女性声優っぽさが強いので難なく「かっこかわいく」歌えているのはすごい。

「雨に笑えば」クラムボンのミト氏提供曲。ここ最近アニメ音楽にも深く携わっていらっしゃるアニメ好きなミト氏と寺島くんのタッグ、アツくないわけがない。「クラムボン」ミトのアニソン仕事まとめ【『憑物語』OP】 - NAVER まとめ
クラムボン「Rough & Laugh」インタビュー (1/3) - 音楽ナタリー Power Push
(ぜんぜん関係ないインタビューですが楽しかったので載せておきます)
この曲も今までの寺島くんの持ち歌になかったタイプだったし、蓮尾氏同様にミト氏の曲と寺島くんの歌声がどう合わさるのかまったくイメージできなかったのだけれど、両者が不思議なくらい心地よく混ざり合っていて鬼のようにリピートしてしまう名曲。イントロの口笛からすでにときめく。ときめき島拓篤さん。

1stAL「NEW GAME」も名盤ではあったけれど、「スターテイル」あたりからの「ロック一辺倒じゃない寺島拓篤」が詰め込まれた今作のほうが私は断然好みです。年が明ける前に聞いておいてほしい1枚となっております。絶賛発売中。

PRISM(DVD付)

PRISM(DVD付)

「PRISM」というアルバムタイトルもまた秀逸。
各セクションのプロの方に、寺島を素材にして色々やってみてもらうってのもコンセプトの一つなので、毎回予想がつかず、結果驚くほど良い出来になるんですよねぇ…ホント、物作りのプロって凄い…!(『テラシマ流星群』2014年10月29日の記事より抜粋)

まさにその通り、いろんな曲の光を反射し輝く寺島くんの新たな顔がたくさん発見できる名盤となったのです。
アルバムタイトルに限らず、そして作曲陣の豪華さに負けず劣らずな本人の作詞能力が素晴らしい。
どのフレーズもたまらなく好きなのだけれどあえて選ぶとしたらやっぱり「雨に笑えば」かなあ。1番と2番ともにサビが気持ちよく決まり過ぎてる。こんなに胸を高鳴らせるフレーズを生み出せるひとが!!!!!!声優なんですよ!!!!!!!本職じゃないんですよ!!!!!!!!!!!
彼の作詞能力の高さはもっと世に知れ渡るべきだと切に思う…。自分の曲以外でも作詞とかしてみてほしいな~などと妄想しつつ。
「アニメやマンガ=自分の好きなもの・得意なもの」をモチーフにしているっていうのがまたね、憎いですよね…。ずるい。本当にずるい。
でも「Prismatic World」は主観を混ぜつつ書いているのかな?こういうラブソングを書いてくれるようになったのも純粋にとてもうれしいので、こういう方面の曲も混ぜ込みつつバランスよくやっていってくれるときっともっと「寺島拓篤の音楽活動」は楽しくなっていくのかな~。ワクワクが止まらない~。

ライブでの堂々たるパフォーマンスと軽妙かつちょっとゆるいMCのギャップもいま改めて思い出してニヤニヤしてる。
それにしても寺島拓篤さんの声は何でこうも女の心を掴んで離さないどころかやさしく包み込んでくるのだろうか。たぶん何かしらのそういう(?)成分が含まれているのではないだろうか。
冗談抜きで寺島くんの声が声優さんの中でいちばん好きかもしれないなあと最近よく考える。
そんな声で「ファンのみなさんと僕の関係、これは愛なのでしょうか?」とか言われたらグラつくに決まってるじゃないですか!?!?!?こんなんシラフで真顔で言える人寺島くん以外にいるなら教えて欲しいよ、本当にずるい。悔しい。腹立つ。小賢しい。ずるい。むかつく。基本的にMC聞きながらずっと静かに怒ってた。ほぼほぼジョークですよ。笑 
でも結局いい感じになんとなーく丸め込まれちゃって流されちゃうのはちょう悔しい…でも幸せ…もっとください…(危)

「キャラクターを飛び越えて『寺島拓篤』を応援してくれる人への感謝の意味も込めて音楽活動をしている」って言ってくれたこと、やっぱりどうしたって宝にしたい。頭の固い人間だから声優さんの歌手活動にイマイチ意味を見出せないことも未だにままある中でこうやって言葉にして伝えてくれることがどれほどありがたいことか。やっぱり自身がオタクってことはオタクの気持ちがわかるってこととイコールで、それはとっても強みになるのだ。寺島くんを見ていると「オタク」というパーソナリティはうまくコントロールさえすれば表現活動をするうえでのとんでもない武器になるんじゃないかなとすら思えてくるからすごい。思い返してみれば「ずっとライブをやりたかったけれど曲をちゃんとためてからやりたかった」という発言をはじめとした強いこだわりも、キャラクターソングを歌う際の執拗なまでの歌いわけも、ぜんぶ今につながってる。もうすでにちゃんと武器になってる。
きっちり自分の立ち位置や自分が何を求められているかというのを察せるのも彼が「オタク」だからなのではないかなあと。いう。妄想でした。笑
ライブ活動には依然としてとても意欲的なようなので、もし次の機会があるならぜひもっとたくさんの都市を回ってみてほしい。PRISM楽曲を完璧に”自分のもの”にしてからもうひと化けするであろうパフォーマンスはぜひ見てみたいです。


音楽活動をしてもなお掴みどころがない、むしろ徹底して尻尾すら掴ませない(?)寺島拓篤さんのライブパフォーマンス!とっても楽しいよ!!!!!!
今ならツイッターで検索かけたらすぐ行けるよ!()
ゼップダイバーシティーで僕と握手!


寺島拓篤 2ndアルバム「PRISM」全曲試聴 - YouTube